サカイ 単身パック

引越時の注意ポイント2(家族で引越編)

 

家族で引越しをする時のポイント

【対象】サカイの引越し(単身パック・家族パックいずれを利用した方)

 

 

 

引っ越し業者の選び方ですが、たくさんある引っ越し業者の中から、名前のあまり有名ではない引っ越し業者は、危険な香りがします。
信頼、信用を疑います。

 

大手の引っ越し業者は、スタッフの対応や補償の部分でしっかりしている点で、安心出来ます。

 

小規模の引っ越し業者は、あくまで、個人経営ですので、スタッフの対応や補償の部分で、実際のところ信頼出来るのか?不安です。

 

過去に個人経営の引っ越し業者におまかせしたところ、引っ越しの際に物を壊されていました。

 

引っ越し業者が、物を壊した話をスタッフ同士に話している声を聞きましたが、こちらには、内緒にされました。

 

何の報告もありませんでした。

 

ここで言える引っ越しの知恵袋は、名前の通った引っ越し業者へ依頼することです。

 

 

 

引越時の注意ポイント2(家族で引越編)

 

主人が、見積りの際に出来る限り安くできる日時を業者様に相談し、日時の点は妥協となりますが、料金はかなりお安くして頂けました。

 

積み降ろしの際にスムースにいく為にも、段ボールには下ろす部屋や場所をしっかり記入しておくことが大切だと思いました。

 

 

 

今回は急ぎの転勤のため、じっくり業者を選べなかったので大手のアートにしました。

 

何社か見積もりをとり、なおかつ実際の口コミや、アルバイトが多いかなどに気を付けて次回は決めようと思っています。

 

 

 

引越時の注意ポイント2(家族で引越編)

 

新居で気持ちいいスタートを切るために、旧居での断捨離をしっかりしておくことが大切です。

 

いるもの、いらないものをしっかり選別し、どこに置くのかを考えた上でダンボール詰めをします。

 

よって引っ越しの一ヶ月程前から、少しづつワンコーナーずつでもいいので整理整頓をしていきます。

 

引越しの見積もりに関しては相見積もりを必ず行うのと同時に、インターネットや口コミで大体の金額を前もって把握し、値切るようにします。

 

(大体金額は高めに設定されます)

 

日にちや時間帯に関しても、希望が特になければ引越し業者に合わせます。

 

土日や月末、春の季節は繁忙期ですので高くなります。

 

午前中を希望するだけで、5000円程UPする業者もあります。

 

ファミリーの引越しは荷物の量も多いので、午前中と指定しなくても午前中になる場合が多いです。

 

 

 

主人は転勤族なので、日頃からモノを増やさないようにしています。

 

必要最低限のモノで暮らしていますが何の不自由もありません。

 

逆に家の中がすっきりしていいです。

 

 

関連ページ

引越時の注意ポイント1(単身パック編)
サカイの単身パック料金なら、このやり方で交渉すれば、絶対にもっと安くなります!
引越時の注意ポイント3(女性の引越編)
サカイの単身パック料金なら、このやり方で交渉すれば、絶対にもっと安くなります!