サカイ 単身パック

引越時の注意ポイント1(単身パック編)

 

サカイ等の単身パックを利用したことある人に聞いた「絶対これはやっておくべきポイント

 

引越時の注意ポイント1(単身パック編)

 

とにかく断捨離。

 

特に女性は尋常ではない量の洋服や小物があるが、使うのは一部だけなので、売るなり捨てるなりすれば、荷造りがあっという間に完成する。

 

引越の数日前から拭き掃除を少しずつやっておけば、明け渡すまでの労力も軽減できる。

 

友人などの助けは借りず、一人でこなした方が実は効率的。

 

新居の間取り図に段ボールや家具の配置を記入して業者に渡せば、だいたいその通りに置いてくれる。

 

 

よくある、一括して10社以上?に見積もりを出すサイトで見積もりを取りました。

 

安い方が良いに越したことはありませんので。

 

ただ、見積もりを取ってからのレスポンスや対応も見て決めています。

 

例えば、強引に話を進めるところ、あまり詳細を聞かずに引き受けようよするところ、今決めないとこれではできないと言ってくるところは却下しています。

 

当日のトラブルになることが容易に想像できてしまうからです。

 

今決めないと・・と焦らせるのは引っ越し業者の予定なので、こちらには全く関係ないですよね。

 

予算、状況、日付、トラックの大きさや人数など、引っ越しで重要なポイントをちゃんと抑えているところに決めるようにしています。

 

お互い重労働をするわけですからね。

 

 

引越しのときにはいらない家具や洋服や書籍など多く出てくると思うのですが、全てリサイクルショップに持ち込むようにしています。

 

売れない物で捨てるのがもったいないと思うものは友達に声をかけてみて譲ったりもしました。

 

家具一つ、ダンボール一つ分でも引越しにかかる料金が変わってくるので、なるべく見積りに来てもらうまでには一通り家を見てみて必要なものとそうでないものを分けて処分したり売ったり譲ったりとしてみると、見積額も減るし引越しの準備の時にも手間が省けておすすめです。

 

あと引越しのときご家庭の車で新居に移動される方は後ろの荷物を置くスペースにも家の荷物を積んで移動するのも引越し代を少しでも安くしたい方の一つの手だと思います。

関連ページ

引越時の注意ポイント2(家族で引越編)
サカイの単身パック料金なら、このやり方で交渉すれば、絶対にもっと安くなります!
引越時の注意ポイント3(女性の引越編)
サカイの単身パック料金なら、このやり方で交渉すれば、絶対にもっと安くなります!